お金をかけず電気代金を安くする方法

色々やってコツコツと1円でも節約をし、
努力する事でお金は自然と増えてきます

冷暖房等常につけているとついつい電気料金も上がってしまうので
常に使用している電気代金を節約するという事です。
1.待機電力を無くす。
待機電力とは?
常時コンセントにつないでいる状態で
パソコンやTVをOFFにしている時
実は10%ほどの電気を消費しているのです。

月1万円の電気代請求されている家庭であれば
月1000円程度・年間で12000円
ほどの待機消費電力を使っていることになります。

使わない時はコンセントから抜いて切る事が大切となります。
わざわざコンセントを抜くのが面倒な方は
こんなアイテムもあります。

WLS-62EB(W) | ELPA タップ スイッチ付きタップ 6個口 2m 節電に適した入切スイッチ付き [宅配便のみ対応][送料別][新品][即納]【RCP】

価格:999円
(2013/8/18 00:13時点)
感想(10件)




また、各家庭に必ずついているブレーカーを
各部屋ごとに事前に把握していれば、
普段あまり居ない・
使わない部屋のブレーカーは切っておく等の
待機消費電力を元から抑えることができます。

2.自宅の契約している電気料金の基本料金契約アンペア数を減らす
30Aと60Aでは月額1000円ほど変わってきます。
10Aごとに約200円から250円ほど変わります
10A基本料金契約を下げるだけで月々250円程度、
年間で5000円以上の電気料金の節約が可能です。

3.夜間割引サービス時使用する。
このサービスのことを時間帯別電灯といい
夜間使えば使うほど割安になります。
時間帯は夜11時〜朝7時までで、
約70%割引というすごいサービスです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。