PC電気代節約

現存するパソコンで、
消費電力が一番掛からないものはどれでしょうか?

ノートかデスクトップか?
機種によって、高スペックと低スペック
によって違うかもしれませんが。
一般的な性能のパソコンは大体
■ノートパソコン 25W
■デスクトップ型PC+モニター 100W+25W
圧倒的にノートパソコンの方が
消費電力が少ないという事です。
と言うことは、当然電気代も安くなります。

この差は、
1ヶ月間パソコンをつけっぱなしにした状態で
約1600円ほど変わってきます。

PC使用時に一番電気代がかかる瞬間は?
これは「起動時」です。
パソコンの電源を入れると、
起動が完了するまで本体のファンが激しく回る音が聞こえてきます。
パソコンは起動時に初期設定を行っており、
その時にかかる電気代は、
パソコンを2時間程度つけているのと同じなのです。
すぐ(2時間以内)に使うときは、
こまめに電源を切るより、
付けっぱなしにしておいた方が電気代はお得になります

また、スリープ状態にする事で節約にもなります。
スリープとは、省電力による待機状態のことで、
通常の起動時と比べると大きく節電できる上、
起動中のプログラム等を終了させることなく
素早く再起動ができます。
画面左下の
[スタート] ⇒[終了オプション]⇒[スタンバイ]
をクリックすればスリープになります。

XPで自動でスリープ設定する方法があります。
画面左下の
[スタート]⇒[コントロールパネル]⇒[電源オプション]
[電源設定]で[最小の電源管理] を選び、適用

その他にも設定での節約方法があります。

ディスプレイの明るさ
電源が明るいと電気が消費するので、
ディスプレイの明るさを暗くし、
電気代節約おいうことです。
設定はPCによって違うますが
大体モニタ側に+ −ボタンがついており
調整が出来るおもいます。

PCの最適化、高速化で使用時間の短縮
長期に渡りパソコンを使用していると、
色々なアプリケーションをインストールしたり
アップデートすることによって、
以前と比べて動作が遅く(重く)なっているはずです。
そーなるとパソコンは色々処理をしなければ
ならないのでその分電気代がかかります。

まずは要らないアプリの削除
@画面左下の [スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[アクセサリ]
A[システム ツール]⇒[ディスク クリーンアップ] を選び

実行するドライブを選択して下さい。

B[詳細オプション]⇒〔インストールされているプログラム]
C[クリーンアップ] をクリックして下さい
使用しているパソコン内にあるソフトが表示されますので、
要らなくなったアプリをどんどん削除していって下さい。

次はPCの最適化
@[スタート]⇒[すべてのプログラム]⇒[アクセサリ]
A[システム ツール]⇒[ディスク デフラグ]⇒[最適化]
途中でパソコンを終了させたい場合は、
停止させて時間のある時にでも最適化を行って下さい。
最適化が終わった時には、
動作・反応が良くなっているはずです。

スタートボタン・タスクバーの軽量化
この設定でスタートボタンの反応速度・一覧性が向上するそうです。
@「スタートボタン」右クリック「プロパティ」→「カスタマイズ」
A「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」
B「詳細設定」タブより
 新しくインストールされたプログラムを強調表示する」
 のチェックを外す。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/373940439

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。